MENU

コレステロールに対してはDHAの方が、中性脂肪に対してはEPAの方が有効だ

EPAとDHAの両方ともに、中性脂肪だったりコレステロールの数値を引き下げるのに効果を示しますが、コレステロールに対してはDHAの方が、中性脂肪に対してはEPAの方が有効だと言われます。

従前より体に有益な食材として、食事の時に摂られてきたゴマなのですが、ここ数年そのゴマの含有成分であるセサミンが注目されているのだそうです。

通常の食事では摂れない栄養を補足することが、サプリメントの役目だと考えていますが、もっと率先して摂り込むことで、健康増進を狙うことも大事だと言えます。

生活習慣病の元凶であると明言されているのが、タンパク質などと結び付き「リポタンパク質」に変容して血液中に混ざっているコレステロールなのです。

マルチビタミン以外にサプリメントも摂取しているなら、両方の栄養素全部の含有量を調べ上げて、度を越して摂らないようにするべきです。


ビフィズス菌が腸内で増殖している悪玉菌を低減することによって、身体内全ての組織の免疫力を上げることが可能ですし、その結果花粉症を始めとしたアレルギーを軽くすることも望めるのです。

我々人間の健康維持に必要不可欠な必須脂肪酸とされるEPAとDHA。これらの健康成分を多く含んでいる青魚を毎日毎日食べることを推奨しますが、肉類が好まれる時代になってきたために、魚を食べる機会が少しずつ減少してきているというのが実態です。

セサミンには、体の至る所で生み出されてしまう有害物質または活性酸素を排除し、酸化をブロックする働きがあるということが分かっているので、生活習慣病などの予防もしくは抗老齢化などにも効果を発揮してくれるはずです。

覚えておいてほしいのは、過度に食べないことです。銘々が暮らしていく上で必要となるエネルギーと比較して飲食する量が多いとしたら、それが全て消費されることはあり得ませんので、中性脂肪はますますストックされることになります。

コエンザイムQ10に関しましては、身体の色んな部位で細胞の劣化を予防したり、細胞が受けたダメージを回復させるのに効果が期待できる成分ですが、食事で間に合わせることは非常に困難だというのが実情です。